日本人に馴染みの深い伝統的な食材と言えば、真っ先に思いつくのが納豆です。

 

昔から身体に良い食品として親しまれてきましたが、特にその健康効果に注目が集まり始めたのは1980年代に納豆キナーゼという成分が発見されてからです。

 

これは主にタンパク質で構成された分解酵素のことで、血管の中に出来てしまった血栓を溶かしてサラサラにする効果があります。

 

納豆の原料である大豆は、もともと身体に欠かせない栄養素であるアミノ酸や大豆イソフラボン、ビタミンにミネラルなどをバランスよく含んだ食材として知られていました。

 

大豆が納豆菌によって発酵する過程でこれらの栄養素に加えて新たにビタミンB群やビタミンK2、そして納豆キナーゼが生まれ、豊富な栄養と効能を含んだ納豆というスーパーフードが誕生することになるのです。

 

大豆を発酵させる納豆菌には、多種多様な健康成分が豊富に含まれています。

 

ナットウキナーゼの効果

納豆のネバネバした部分に含まれているナットウキナーゼには、血の塊である血栓を溶かして流れやすくする働きがあります。

 

血栓は何も特別なものではなく、ダメージを受けた血管や細胞を止血して修復するために健康な人間でも日常的に作られているのです。

 

 

止血という本来の仕事が終われば、血栓は体内の酵素の働きによって分解され、血流に乗って流れていきます。

 

何らかの原因でこの一連のサイクルが正常に機能しなくなってしまうと、血栓が全て分解されずに血管の中に残ってしまうことになります。

 

そうなると徐々に溜まっていった血栓が最後には血管をすっかり塞いでしまい、脳や心臓と言った重要な臓器に酸素や栄養が行き渡らなくなって脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こしてしまうのです。

 

ナットウキナーゼは、腸の中に存在する血栓融解酵素という物質に刺激を与えて活発に働かせることで、血栓をスムーズに溶かすことができます。

 

この作用は非常に効果が高く、医療現場で治療のために使用される医薬品よりも強力だとされています。

 

医薬品と違って納豆は自然食品であるために副作用なども一切なく、安全に高い効果を得ることがでる点も魅力です。

 

現代人は食生活の欧米化などにより、血液中に脂肪や油分が溶けだしてドロドロ状態になっている人が多いとされています。

 

血液の流れが悪くなることで身体の各部に必要な酸素や栄養が送られにくくなり、疲労感や頭痛などの不調が現れることもあります。

 

ドロドロになった状態が長く続けば、血が固まる血栓ができて血管を防いだり、血管壁にへばり付いて動脈硬化の原因になってしまうこともあります。

 

動脈硬化は万病のもととも言われており、脳梗塞や心不全など命に関わる重大な疾患を引き起こしてしまうリスクも高くなるのです。

 

このような事態を避けるためにも、血栓をできるだけ作らないように食生活や生活習慣を改善することが大切です。

 

納豆キナーゼには特に優れた血栓融解効果があり、毎日50g程食べれば血液をサラサラに保つことができるとされています。

 

50gといえば1パックで十分満たされるので、毎日続けることも決して無理ではありません。

 

血栓を溶かす効果は食べて以降数時間から12時間ほど持続するので、毎日食べるようにしましょう。

 

血栓が血管を塞ぐことで発症する心筋梗塞などの重大な病気は、起床後など朝に発症することが多いため、夕食と共に納豆を食べることで朝の血栓のリスクを低下させることができます。

 

もちろん朝食や昼食と一緒に食べても全く問題はありませんが、既往症や持病を持っている場合は夕食で食べたほうが効果的です。

 

優れた血栓融解効果を持つナットウキナーゼですが、熱に弱く料理に使用するとすぐに壊れてしまうという難点があります。

 

このため納豆をそのままの状態で食べるのが望ましいのですが、中には納豆のネバネバや臭いが苦手で食べられないという人も多くいます。

 

ナットウキナーゼのサプリメント

そんな場合は無理して食べてもストレスになるだけなので、納豆を原料として有効成分だけを抽出したサプリメントを利用すると便利です。

 

近年はその効能が広く知られるようになったため、カプセルや粉末タイプなど様々な形状のサプリメントが市販されています。

 

 

臭いや味もしないものがほとんどなので、納豆が苦手な人でもスムーズに口にすることができます。

 

価格はメーカーや量によっても様々ですが、一般的には1ヶ月分で1,000円から1,500円前後の価格帯が平均になっています。

 

たくさん摂取すればするほど効果が高くなる訳ではないので、飲みやすいサプリメントの場合は過剰摂取しないように注意しておきましょう。

 

このように、納豆はナットウキナーゼを始めとして様々な栄養を豊富に含んだ素晴らしい健康食材です。

 

自然の食品であるため食べ過ぎても大きな副作用などはありませんが、何ごともやり過ぎては逆効果になることもあるので、適量を守って摂取するようにしましょう。

 

他の医薬品を使用している場合は飲み合わせの問題があるケースも考えられるので、担当医に相談しておくことも大切です。

 

関連ページ

納豆キナーゼの効果や効能、副作用とは
ナットウキナーゼはどのようなものなのか、その効果や効能、副作用などについて詳しくご紹介いたします。
納豆キナーゼを摂取すると出る副作用とは?
納豆という食品由来のものなので、身体が健康な人であれば一日の摂取量を守って摂取していれば、身体に起こる副作用の心配はほとんどないといっても大丈夫な成分になります。
納豆キナーゼの成分の効果。
脳梗塞や心筋梗塞などの病気を引き起こしてしまう血栓の原因となるたんぱく質を分解する働きがあり、血液をサラサラにする効果を期待することができます。
納豆キナーゼで狭心症を予防できるのか
狭心症は完全に血管がふさがれてはいませんが、血管の中で血栓が生じて血管が狭まることで、心筋梗塞の一歩手前の段階までいっている、極めて危険な状態です。
納豆キナーゼの病気の予防効果
納豆キナーゼは動脈硬化などの病気を予防するだけではなく、その前段階である生活習慣病の予防にも期待することができます。
納豆キナーゼのパワーと食品
納豆の食品には血栓溶解成分も含みますし、ビタミンKの栄養も含有しています。ビタミンKの栄養成分は、血液を凝固する作用があります。血栓予防の他にも多様な効能があるので、現代の健康を高く意識する日本では、注目をされている栄養成分のひとつです。
納豆キナーゼと血液の関係とは
納豆キナーゼは、血液の健康が気になる人のサポート役になってくれるのではないかと期待されている成分です。
尿酸値と納豆キナーゼの働きとは
尿酸値の数値でお悩みであれば、納豆キナーゼを味方につけて改善を目指しましょう。納豆からなる納豆菌より誕生をする気の成分ですので、納豆を食べてもサプリメントでの摂取でも大丈夫です。