納豆キナーゼは納豆のネバネバしている成分にふくまれている、大豆由来の昨日成分です。
納豆菌が自然につくりだしている昨日成分であり、分解酵素でもあります。

 

納豆キナーゼのパワー

納豆を食べるのは健康にも良いとされていますが、健康食品でもこの栄養成分の摂取は可能です。

 

日本人がこよなく愛してきた納豆は、日本が誇る伝統食材であり、昔も今も日本人の主食の白米には、納豆がとてもよく似合う美味しい組み合わせです。

 

納豆の食品には血栓溶解成分も含みますし、ビタミンKの栄養も含有しています。
ビタミンKの栄養成分は、血液を凝固する作用があります。

 

血栓予防の他にも多様な効能があるので、現代の健康を高く意識する日本では、注目をされている栄養成分のひとつです。

 

血圧を降下させる作用もある栄養素でありますし、血流の改善作用にも貢献をします。

 

納豆菌が発酵をする過程で作り出す、自然のタンパク質分解酵素は、人間の体の健康に大活躍をします。

 

体内の血栓の元になるタンパク質を、内側で溶解する酵素の働きは、健やかな健康と血液の流れをもたらしてくれるものです。

 

様々な方向からの血栓溶解作用がありますし、その働きは強力なものでもあります。

 

 

血栓のメインの成分としえいるフィブリンに対して、そのまま働きかけることができますので、容易な溶解をすることができます。

 

プロウロキナーゼへの活性化を助けますので、血栓溶解酵素は生き生きと活躍をできるようになります。

 

プラスミノーゲンアクチベーターも増大することとなるので、血栓溶解酵素プラスミンことにも助けとなります。

 

血栓溶解阻害物質は血栓を溶かしにくくしてしまいますが、それさえも分解をする事になります。

 

血栓溶解活性を増強することができるのは、オイグロブリン溶解時間の短縮する作用があるからです。

 

あらゆる研究機関においても大変注目度の高い成分であり、今もなお研究がされて様々な報告を挙げられています。

 

すでに血栓を溶かす作用があることは、健康食品販売においても宣伝文句にもなっていることです。

 

体内へと取り入れることで血行を促進することができるために、ドロドロになりやすい血液を、ナチュラルなかたちでサラサラにすることになります。
栄養素は納豆で食べた時には食後2時間くらいから、その作用は効き始めます。

 

そのまま瞬時に消え去ることはなく、それからも8時間から12時間というロングタイムで持続することも、研究から分かっていることです。

 

サプリメントでの摂取をする場合には、医薬品との飲み合わせには気をつける必要があります。

 

なんかの疾患を抱えて医薬品を飲んでいる人は、お医者さんに相談の上サプリメントは摂取をすることになるので、お医者さんの指示に従いましょう。

 

疾患によっては血液を溜まりにくくする医薬品を飲むケースもありますし、そうした医薬品を飲んでいると、ビタミンKによる拮抗作用がはたらきます。

 

すると効果は減弱されることになりますので、食事での納豆の摂取は内容的に制限されることになります。

 

子供の時代から普通に日本の食卓にも上がる納豆を、疾患のお薬で制限するのは残念な気分にもなりますが、お医者さんの指示には従うことです。

 

納豆には血栓溶解成分が入っていますが、ビタミンKの血液凝固成分も同時に含まれているものです。

 

だから血栓の医薬品処方を受けている人の場合は、普通にスーパーでも販売していて身近な納豆であっても、納豆を食べることに対して気を付けないといけないのです。

 

しかしこれは疾患のある人に限定した話ですので、健康な人の場合は普通に健康のために、納豆は食べたほうがいいです。

 

地域性や本人の好みもありますので、納豆が苦手な人もいますし、納豆をそのまま口にすることに抵抗がある人もいます。

 

日本で言えば関東の人は平気でも、関西では納豆をダイレクトに食べることに、抵抗を感じる人も結構多いです。

 

その場合は納豆をそのまま食べないでも、成分は納豆成分のサプリメントを利用すれば、問題はなくなります。

 

 

納豆の栄養が入った、血液をサラサラにする作用のサプリメントは、現代人に高い人気を博しているので、ドラッグストアなどでも探すことができます。

 

納豆の食品としての有用性

納豆に豊富ですので納豆を食べることが好きな人は、効果的に食べるといいでしょう。

 

朝の食事で白米と納豆を食べる人もいますし、定食屋さんでランチに納豆を食べる機会はありますが、健康のために食べるのであれば、納豆は夕食に食べるのがいいタイミングです。

 

いつ食べても納豆の栄養の高さは変わらないですし、いつ食べても納豆は美味しいものです。

 

なぜ夕食の時間に納豆を食べるのが良いかというと、それは血液が体内で固まりやすくなる時間帯が夜だからです。

 

深夜の時間から明け方の時間にかけて、人間の血液は固まりやすくなります。

 

だから世の中的にも、深夜から明け方には心筋梗塞が置きやすいものです。

 

納豆キナーゼを有効活用させるためにも、夕食に納豆を食べるのがいいでしょう。

 

関連ページ

納豆キナーゼの効果や効能、副作用とは
ナットウキナーゼはどのようなものなのか、その効果や効能、副作用などについて詳しくご紹介いたします。
納豆キナーゼを摂取すると出る副作用とは?
納豆という食品由来のものなので、身体が健康な人であれば一日の摂取量を守って摂取していれば、身体に起こる副作用の心配はほとんどないといっても大丈夫な成分になります。
納豆を原料とした納豆キナーゼの効果
納豆を原料として有効成分だけを抽出したサプリメントを利用すると便利です。近年はその効能が広く知られるようになったため、カプセルや粉末タイプなど様々な形状のサプリメントが市販されています。
納豆キナーゼの成分の効果。
脳梗塞や心筋梗塞などの病気を引き起こしてしまう血栓の原因となるたんぱく質を分解する働きがあり、血液をサラサラにする効果を期待することができます。
納豆キナーゼで狭心症を予防できるのか
狭心症は完全に血管がふさがれてはいませんが、血管の中で血栓が生じて血管が狭まることで、心筋梗塞の一歩手前の段階までいっている、極めて危険な状態です。
納豆キナーゼの病気の予防効果
納豆キナーゼは動脈硬化などの病気を予防するだけではなく、その前段階である生活習慣病の予防にも期待することができます。
納豆キナーゼと血液の関係とは
納豆キナーゼは、血液の健康が気になる人のサポート役になってくれるのではないかと期待されている成分です。
尿酸値と納豆キナーゼの働きとは
尿酸値の数値でお悩みであれば、納豆キナーゼを味方につけて改善を目指しましょう。納豆からなる納豆菌より誕生をする気の成分ですので、納豆を食べてもサプリメントでの摂取でも大丈夫です。