体にいい食べ物のひとつに納豆があげられます。
これは納豆菌が腸の中で善玉菌を助ける働きをしたり、大豆に含まれているタンパク質が良質であるなど、様々な要因によるものとされています。

 

そしてもうひとつの理由が、納豆に含まれている納豆キナーゼという成分によるものです。
そこで今回はナットウキナーゼはどのようなものなのか、その効果や効能、副作用などについて詳しくご紹介いたします。

 

ナットウキナーゼとは

そもそもナットウキナーゼとは、納豆菌が大豆を発酵させる際に作り出すタンパク質を分解するための酵素です。

 

大豆を発酵させて作られる食品には、豆腐やおからなど様々なものがありますが、ナットウキナーゼは納豆にしま含まれていない成分です。

 

ナットウキナーゼの大きな効能としては、血栓を分解することがあげられます。
血栓というのは、血液の中で作られることがある血の塊で、血管を詰まらせる最大の原因となるものです。

 

その他にも血栓を溶けにくくする物質を抑える働きや、血栓を分解する酵素を活性化させる働きなど、様々な方面から血栓が作られることを予防し、また作られてしまった血栓に対しては、血栓を分解させる効果があります。

 

また血流を改善させたり、高くなった血圧を下げたり、血小板の凝集を抑制する働きも持っています。
次の効能として心筋梗塞の予防があげられます。
心筋梗塞の最大の原因は血栓が血管内に詰まり、心筋に血液が届かなくなることです。

 

ナットウキナーゼの効果により、血栓が作られにくい状態にしておくことで、心筋梗塞になることを未然に防ぐことができるのです。

 

そして脳梗塞の予防にも効果的です。
脳梗塞も心筋梗塞と同じように血の塊が血管を詰まらせることによって引き起こされます。

 

血栓ができにくい状態にすることで、脳に血液が届かなくなることを防ぐことができます。

 

さらにナットウキナーゼには血中のコレステロール値を下げる働きもあるので、脳梗塞の予防がさらに期待できるといえます。
そして生活習慣病の予防にも効果的です。
糖尿病や高血圧などの生活習慣病を引き起こすとされている活性酸素の発生を抑制する働きがあります。

 

これはナットウキナーゼの抗酸化作用によるもので、生活習慣病の予防に期待が持てます。
またナットウキナーゼは腸内で善玉菌を増加させる効果もあるので、便秘の解消にも役立つといえます。

 

せっかくナットウキナーゼを摂取するのであれば、効果的な摂取方法を知り、最もよい方法で体内に取り入れたいものです。
効果的なナットウキナーゼの摂取時間は就寝前がよいでしょう。

 

一般的に深夜から早朝にかけての時間帯には、血管内に血栓が作られやすいと言われています。

 

寝ている間は体の中の水分量が不足するので、血液もドロドロになりやすい状態です。

 

そのため就寝前に摂取することで、就寝中の血流を改善し血栓の予防をすることができるのです。

 

そして摂取のタイミングとしては、食後が最も良いとされています。
胃の中になにも入っていない場合、胃酸の方が強いため、ナットウキナーゼの吸収がうまく行われません。

 

就寝前の食後が適しているということで、夕食後に摂取するのが最も効果的なことがわかります。
ナットウキナーゼの効果は、摂取後、12時間ほど続くと言われています。

 

そのため夕食後に摂取しても、就寝中の時間にも十分効果が発揮されるのです。

 

ナットウキナーゼの単位はFUというものです。

一日に必要な摂取量の目安としては、一日あたり2000FUとされています。

製品によっても異なりますが、納豆1パックには約1500FCのナットウキナーゼが含まれています。

 

そのため1日に約1から2パックほどの納豆を食べれば必要摂取量はまかなえるといえるでしょう。
摂取する時には注意点もあります。

 

ナットウキナーゼは熱に弱いという性質があります。

そのため水分が多い状態で50度以上になると、効果が低くなってしまいます。

ナットウキナーゼを摂取するのであれば、加熱することなく、そのまま納豆を食べるのがよいといえるでしょう。
しかし水分量が少ない状態であれば、100度でも大丈夫なこともあります。

 

ナットウキナーゼの副作用

それではナットウキナーゼには副作用はあるのでしょうか。

 

ナットウキナーゼには、特に副作用はないと言われています。

 

しかし納豆を摂取する時には、ビタミンKが豊富に含まれています。

 

そのため高血液凝固剤の効果を薄めてしまう可能性があるので注意しましょう。
ナットウキナーゼは納豆を食べることで摂取ができますが、毎日食べるのも飽きてしまうこともあり、また納豆が苦手だという人もいるでしょう。
そのような場合には、サプリメントで摂取するとよいでしょう。
 
選び方のポイントとしては、含有量、専門の協会による認可のマークの有無、ビタミンKが除去されていることの3点に注意しましょう。

 

なかには納豆を乾燥させて粉状にしただけのサプリメントが販売されている場合もあるので、よく確認してから購入するようにしましょう。

 

関連ページ

納豆キナーゼを摂取すると出る副作用とは?
納豆という食品由来のものなので、身体が健康な人であれば一日の摂取量を守って摂取していれば、身体に起こる副作用の心配はほとんどないといっても大丈夫な成分になります。
納豆を原料とした納豆キナーゼの効果
納豆を原料として有効成分だけを抽出したサプリメントを利用すると便利です。近年はその効能が広く知られるようになったため、カプセルや粉末タイプなど様々な形状のサプリメントが市販されています。
納豆キナーゼの成分の効果。
脳梗塞や心筋梗塞などの病気を引き起こしてしまう血栓の原因となるたんぱく質を分解する働きがあり、血液をサラサラにする効果を期待することができます。
納豆キナーゼで狭心症を予防できるのか
狭心症は完全に血管がふさがれてはいませんが、血管の中で血栓が生じて血管が狭まることで、心筋梗塞の一歩手前の段階までいっている、極めて危険な状態です。
納豆キナーゼの病気の予防効果
納豆キナーゼは動脈硬化などの病気を予防するだけではなく、その前段階である生活習慣病の予防にも期待することができます。
納豆キナーゼのパワーと食品
納豆の食品には血栓溶解成分も含みますし、ビタミンKの栄養も含有しています。ビタミンKの栄養成分は、血液を凝固する作用があります。血栓予防の他にも多様な効能があるので、現代の健康を高く意識する日本では、注目をされている栄養成分のひとつです。
納豆キナーゼと血液の関係とは
納豆キナーゼは、血液の健康が気になる人のサポート役になってくれるのではないかと期待されている成分です。
尿酸値と納豆キナーゼの働きとは
尿酸値の数値でお悩みであれば、納豆キナーゼを味方につけて改善を目指しましょう。納豆からなる納豆菌より誕生をする気の成分ですので、納豆を食べてもサプリメントでの摂取でも大丈夫です。