納豆キナーゼと血液の関係

納豆キナーゼは、血液の健康が気になる人のサポート役になってくれるのではないかと期待されている成分です。

 

血液の中に血の塊(血栓)ができてしまうと、そこから先の細胞に酸素や栄養が届かなくなってしまいます。
代表的な病気では、心筋梗塞や脳梗塞があげられます。
こういった病気は血栓症と呼ばれていて、誰でも患う可能性があります。

 

寒暖の差が激しい地域に住む人に多いですが、メタボリックシンドロームやストレス、水分不足なども血栓症の原因になるので、若い人でも気をつける必要があります。

 

 

食品の納豆は煮た大豆に納豆菌をふりかけ、発酵させて作ります。
納豆キナーゼはその発酵過程で納豆菌が作り出す酵素です。

 

酵素の活性を示す単位をFUといい、1日2,000FUの摂取量が血栓を予防するのには望ましい値だと言われています。

 

ただし、これだけを摂取していればいいというわけではなく、普段からの食生活、適度な運動、なども必要です。

 

納豆には1パック(50g)あたり平均1,500FUの酵素活性があるとされているので、だいたい1日1〜2パックを目安に食べればいいという計算になります。

 

ただし、納豆によっては活性が少ないものもありますし、賞味期限が近いものは活性が減ってしまう可能性があります。

 

また、胃酸によって影響を受けるので、効率良く摂取するなら胃酸から守る加工を施しているサプリメントを利用した法がいいでしょう。

 

血栓ができるメカニズム

血栓ができやすくなるのは水分量が不足したり血流が圧迫されているときなので、夕食前〜睡眠前に摂取したり、同じ姿勢を続ける長期フライトの前などに利用するとベターです。

 

ドロドロ血液を放置してしまうと脳梗塞や心筋梗塞などの血栓症のリスクが高くなり、また新陳代謝が低下するので美容面にも影響が出てきます。

 

血栓の成分に働きかけてくれる酵素を利用することで、こういった病気のリスクを回避することがサプリメントを利用するメリットです。

 

そもそも血が固まりやすくなる原因は、コレステロールや中性脂肪が増加してドロドロになってしまうからです。

 

サラサラの状態であれば固まって詰まることはないのですが、ドロドロの粘度が高い状態だと血管の中で詰まるリスクが高くなります。

 

太っていると脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高くなると言われるのは、コレステロールや中性脂肪が多くてドロドロ状態になっているために、血栓ができやすくなって詰まりやすくなってしまうからです。

 

それを酵素の力でサラサラに近づけてあげることで、健康維持のために役立てることができます。

 

血栓予防のためには、納豆を食べるよりも酵素から摂取したほうがいいです。

 

納豆には血管の中で血を固まりにくくさせる薬のワルファリンの働きを抑えてしまうビタミンK2が他の食品よりも多く入っています。

 

ビタミンK2はケガをした時に止血させるための成分としては大切なのですが、血栓予防のためには逆の働きをしてしまう可能性があります。

 

納豆キナーゼはビタミンK2を含んでいないので、誰でも安心して利用することができます。

 

また、納豆と違って無味無臭なので、あの独特の匂いや食感が苦手という人でも使うことができます。

 

健康のために毎日納豆を食べているという人もいるかもしれませんが、それも食べすぎればカロリーオーバーになる場合もあります。
納豆が美味しくてご飯が止まらなくなるということもあるでしょう。

 

カロリーを気にするのであれば、サプリメントならほとんどカロリーがないですし、手軽に持ち運べるカプセルタイプや錠剤タイプがあるのでメリットが多いです。

 

サラサラ系サプリメントには納豆成分以外にも、サラサラに良いと言われているDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)、玉ねぎ成分、赤ワインポリフェノール、などを含んでいるものもあります。

 

サプリメントによって特徴があるので、自分の悩みに合ったものを見つけて使ってみるといいでしょう。

 

健康維持のために使いたいのであれば、続けやすい味のものを利用したほうがいいです。

 

特に納豆の匂いが苦手という人は、サプリメントに加工しているものでも匂いが気になるものもあります。

 

口コミなどを参考にして匂いがどの程度気になるのかをチェックしてみるといいでしょう。

 

 

サラサラのために使っている人から人気が高いのは、納豆成分とDHA、EPAが配合されているサプリメントです。

 

メタボリックシンドロームを指摘されて体のめぐりが気になるという人や、年齢のせいでめぐりが悪い気がするという人は、サプリメントを利用して栄養素を補ってあげるといいでしょう。

 

また、めぐりが良くなることで女性に多い冷えの悩みの緩和にも役立つ可能性があります。

 

冷えが和らげられると肌も柔らかくなって、ハリのある見た目を維持しやすくなります。

 

食事や運動にも気をつけながらサプリメントも利用することで、より良い効果が実感出来るでしょう。

 

関連ページ

納豆キナーゼの効果や効能、副作用とは
ナットウキナーゼはどのようなものなのか、その効果や効能、副作用などについて詳しくご紹介いたします。
納豆キナーゼを摂取すると出る副作用とは?
納豆という食品由来のものなので、身体が健康な人であれば一日の摂取量を守って摂取していれば、身体に起こる副作用の心配はほとんどないといっても大丈夫な成分になります。
納豆を原料とした納豆キナーゼの効果
納豆を原料として有効成分だけを抽出したサプリメントを利用すると便利です。近年はその効能が広く知られるようになったため、カプセルや粉末タイプなど様々な形状のサプリメントが市販されています。
納豆キナーゼの成分の効果。
脳梗塞や心筋梗塞などの病気を引き起こしてしまう血栓の原因となるたんぱく質を分解する働きがあり、血液をサラサラにする効果を期待することができます。
納豆キナーゼで狭心症を予防できるのか
狭心症は完全に血管がふさがれてはいませんが、血管の中で血栓が生じて血管が狭まることで、心筋梗塞の一歩手前の段階までいっている、極めて危険な状態です。
納豆キナーゼの病気の予防効果
納豆キナーゼは動脈硬化などの病気を予防するだけではなく、その前段階である生活習慣病の予防にも期待することができます。
納豆キナーゼのパワーと食品
納豆の食品には血栓溶解成分も含みますし、ビタミンKの栄養も含有しています。ビタミンKの栄養成分は、血液を凝固する作用があります。血栓予防の他にも多様な効能があるので、現代の健康を高く意識する日本では、注目をされている栄養成分のひとつです。
尿酸値と納豆キナーゼの働きとは
尿酸値の数値でお悩みであれば、納豆キナーゼを味方につけて改善を目指しましょう。納豆からなる納豆菌より誕生をする気の成分ですので、納豆を食べてもサプリメントでの摂取でも大丈夫です。