納豆のねばねば成分には血液をサラサラにする働きがあるといわれています。
ねばねば成分に含まれている酵素が血栓を除去して血流をよくするのです。

 

血流が良くなれば老廃物の代謝がよくなるので中性脂肪や血中コレステロール、糖などが減少することが考えられます。

 

納豆は長い間、主に関東以北の地方の食卓にのぼり、日本人の健康を支えてきました。
納豆は、煮た大豆に納豆菌を振りかけて発酵したものです。

 

そして納豆菌というのは枯草菌の一種で日本産の稲に付着していて、熱に強いので、イネわらについている他の細菌は熱湯煮沸で殺菌されますが、熱に強い納豆菌が残ります。

 

納豆菌が残っている稲わらに煮大豆をくるませることで大豆が発酵してねばねばの納豆になるのです。

 

納豆に含まれる栄養素

さて納豆になる段階で納豆キナーゼをはじめとし、ポリグルタミン酸、ジピコリン酸、ビタミンK2、ポリアミンなどの栄養素が生成されます。

 

納豆キナーゼは血栓の成分であるフィブリンに働きかけてそれを溶かし、体内の血栓溶解酵素であるプロウロキナーゼを活性化し、さらにプラスミンという血栓溶解酵素を作る組織の量を増やす働きがあるため血栓を除去することができるのです。

 

また最近の研究では血栓を溶けにくくする物質を分解する作用もあることが分かってきました。

 

 

だから納豆には心筋梗塞、脳梗塞、生活習慣病の予防効果があるとともに、腸内の善玉菌を増やして便秘を予防する働きもあるので健康にも美容にもうれしい食品なのです。

 

そのうえ、このように血栓を溶かして血をサラサラにさせる作用がある納豆ですが、たくさん食べたからと言って血が止まりにくくなるということもありません。

 

ところが納豆の臭いやねばねば感が苦手で食べられないという人も少なくはありません。

 

しかしそのような人でも納豆キナーゼを摂取することができるのです。

 

ナットウキナーゼのサプリメント

それはサプリメントで摂取するという方法です。

 

サプリメントなら必要な成分をしっかり配合して手軽に食べやすいように作られています。

 

ナットウキナーゼだけでなく、DHAやEPA、玉ねぎのエキスなどのサラサラ成分を一緒に配合しているものも多いので、血液サラサラへの効果がさらに期待できます。

 

実際にそのようなサプリメントを利用している人からは

 

「いやな臭いがないので気にせずに続けられます」
「冬になると高くなる血圧も飲み始めてから高くならずに落ち着いています」
「6年間飲み続けていますが、医師から健康管理ができているとほめられます」
「ひどい肩こりの原因がドロドロ血であることが分かって飲み始めたところいつの間にか解消しました」
「飲み始めてから健康診断の値がよくなってきましたが、半年間飲まずにいたらまた元に戻ったので慌てて再度飲み始めました」
「いくら納豆が好きでも毎日では飽きてきますがサプリなら続けられます」

 

などの口コミが届いています。

 

ナットウキナーゼが血栓を溶かす力を「FU」という単位で表すのですが、一日に必要なナットウキナーゼの量は2000FUです。

 

そしていくつかサプリがありますが、多くの場合2000FU含有されています。

 

中には1500FUのものもありますが、それはまたDHAなどの他のサラサラ成分も多めに配合されているなどの特徴があります。

 

サプリを選ぶときは成分の種類や含有量、価格、一日に服用する分量などをみて自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。

 

 

お試しがあるサプリならばそれをまず利用してみるのもよいでしょう。

 

納豆を食べるにしても、サプリを飲むにしてもナットウキナーゼを摂取するのに適した時間帯は夕食後や寝る前といわれています。

 

それは血栓は深夜から早朝にかけてできやすいからです。

 

寝る前などに飲んでおくと夜寝ている間に血栓ができるのを防ぐことができるのです。

 

また納豆にはビタミンk2がふくまれていて、ナットウキナーゼとは逆に血液を凝固させる働きがあるため、医師からワーファリンという血液凝固防止の薬を処方されて飲んでいる人は納豆などビタミンK2を含む食品を制限されている場合があります。

 

しかしサプリならビタミンK2を除去している場合が多いのでワーファリンを服用している人でも摂取することができるという利点があります。

 

血液がドロドロになると血液中の老廃物も蓄積され続け、やがてそれが血栓となって血管を塞ぐと命に関わることになってしまいます。

突然死という危険性も十分にあり得るのです。

 

そこで血栓ができても溶かす働きがある血液をサラサラにする成分をしっかり配合したサプリを飲むことで少しでのその危険を減らすことができます。

 

しかしサプリを飲んでいるからと言って安心しきって、暴飲暴食をしたり運動不足のままで過ごすのでは、なかなか改善が見られないので、サプリを利用しつつ生活習慣の改善をして血液をサラサラに保つことが大切です。

 

血液がサラサラだと太ったり肌が老化したりすることも抑えることができるので、健康でしかも若々しく生き生きと過ごすことができるのです。

関連ページ

納豆キナーゼのサプリの効果的な飲み方とは
効果的な飲み方は夕食後や就寝前に摂取するのが最も効果的だといわれています。これは血栓自体ができやすい時間帯が深夜から早朝にかけてであるためです。
手頃な価格が魅力の納豆キナーゼサプリ
血流に関係する健康上の懸念があり、食事で状態を改善したい時は、価格の安い健康補助食品が、悩みの解決に役立つ可能性を引き上げます。