納豆が体に良いことはとても有名です。
しかし、毎日食べ続けるとなると難しいと感じている人も多いのではないでしょうか。

 

納豆を食べることが習慣化されている人もいますが、そうではない人も多く、中には納豆が苦手な人もいます。
どうしても匂いが苦手という人も少なくありません。
確かに、納豆には独特の匂いがありますから、どんなに体に良いとは言え、食べるのは厳しい人もいます。

 

納豆の健康効果

気になる納豆の健康効果です。
かなり優れもので、現代人にとって必要なものばかりです。

 

年々、食が欧米化していますし、肉類や油っこいもの、甘いものを食べる機会が増えていませんか。
このような人は、体の内側で大きな変化が起きている可能性があります。

 

 

その上、喫煙までしていれば、健康診断で何らかの指摘を受けることもあるはずです。

 

また、運動不足に陥っている人も少なくありません。
日本は、スポーツを定期的に行っている人が決して多いとは言い切れません。
実際に、日本のスポーツ市場は諸外国と比べても小さいと言われています。

 

それだけ、運動していない人が多いことの表れです。

 

適度な運動をすることで、生活習慣病を予防することも可能ですが、運動不足ということは生活習慣病になりやすくなっているかもしれません。

 

定期的に運動していない、ほとんど体を動かすことがない人は、特に納豆を食べたほうが良いのではないでしょうか。

 

納豆のねばねばに含まれている納豆キナーゼには、心筋梗塞や脳梗塞を予防することができます。

 

これらはどちらも血液がドロドロになってしまい、血栓ができることで起こる可能性が高くなります。

 

血液の状態が悪いのは、血中のコレステロールが高くなっていることが考えられます。

食生活が乱れている人に多く見られることです。

 

血液がドロドロになれば、血栓ができやすくなるので、血栓症や動脈硬化、そして心筋梗塞や脳梗塞になってしまうかもしれません。

 

中には、命に係わる病気も含まれていますので、血液の状態を改善していきましょう。

 

そのためには、納豆を食べることをおすすめします。
生活習慣病の予防にもなるでしょう。

 

糖尿病や高血圧などの不安はありませんか。
すでに、これらの疑いがある人も多いのではないでしょうか。
予備軍も入れるとかなりの数になってしまいます。

 

生活習慣病の多くは、活性酸素が関係しています。
活性酸素は、呼吸をするだけでも増えますし、加齢によっても増えると言われていますので、気を付けなくてはなりません。

 

活性酸素を適量に保つためには、抗酸化作用の高い食べ物や飲み物の摂取が不可欠です。

 

納豆も活性酸素を減らすことができる抗酸化作用の高い食べ物なので、生活習慣病の予防が期待できます。

 

女性に多い便秘解消にも期待されています。

 

腸内の善玉菌を増やすことができるので、増えすぎてしまった悪玉菌を減らすことができるでしょう。

 

腸内環境が悪い人は悪玉菌が多くなっています。

理想の割合は、善玉菌2、悪玉菌1、日和見菌7です。

 

日和見菌は腸内で強い菌にくっつくので、善玉菌を強くすれば、日和見菌も善玉菌とくっつきますから、便秘解消できるでしょう。

 

また、カルシウムをしっかりと摂取することができるようになりますし、抗菌を促す働きもしてくれます。

 

いつまでも腸内に便が滞ってしまうと、体調にも悪影響です。

 

お通じが良くなれば、肌の調子も良くなるでしょうし、体調も改善されるのではないでしょうか。

 

腸が綺麗になると、アレルギー症状が緩和されるとも言われています。

 

乳酸菌が良いのですが、動物性であるヨーグルトも良いですが、納豆キナーゼは植物由来で酵素の仲間です。

 

酵素も体に良いことで知られています。
酵素が不足してしまうと便秘になるので、酵素を補いましょう。

 

酵素は消化に使われるだけではなく、代謝にも使われますので、ダイエットにもつながるかもしれません。

 

納豆キナーゼのサプリメント

これだけ優れている納豆キナーゼですが、納豆が苦手な人でも摂取する方法があります。

 

人気があるのはサプリメントです。
これなら納豆の匂いがしませんので、納豆が苦手な人にもおすすめです。
毎日摂取することも楽にできるはずです。

 

納豆キナーゼのサプリメントを飲もうと思ったら、含有量に注目してください。
なるべく多いほうが良いです。

 

 

1日に必要な摂取量は2000FUですから、これだけの量が入っていることを確かめましょう。
FUとは、血栓を溶かす力の単位です。

 

ただし、ビタミンK2が入っていると、血液をサラサラにする効果を阻害してしまうので、ビタミンK2が入っていないサプリメントをおすすめします。

 

特に女性にうれしいアンチエイジングにもなりますし、便秘解消にもなるかもしれませんので、男性も良いですが女性のほうが良いかもしれません。
血栓を溶かす力がとても強いので、血液がドロドロに違いないと思っている人もサプリメントで構わないので摂取したほうが良さそうです。

 

サプリメントですから、誰が飲んでもかまわないように思われるかもしれませんが、気を付けなくてはならないこともあります。
副作用が出る恐れがあるからです。
健康的な人であれば、あまり問題にはならないでしょう。

 

しかし、ワーファリンという血液凝固剤を服用している人は注意してください。
ワーファリンを処方されている人は、医師から納豆を食べないように言われているはずです。

 

しかし、とても人気がありますし、いろいろな効果が期待されていますので、サプリメントを飲みたい人も多いはずです。

 

そういう人は、ビタミンK2が除去されていることを確認してください。

 

ビタミンK2が全く入っていないのであれば、血液凝固剤の働きを阻害しなくて済むでしょう。
医師にかかっている人は、一度相談してみてください。

 

現代人にうれしいことがたくさんある納豆の良いところだけを摂取することができるおすすめの方法です。

 

毎日、納豆を食べ続けるためには飽きないようにいろいろな工夫をしなくてはならない人も少なくありません。
いくら納豆が好きでも毎日はちょっとと思いませんか。

 

サプリメントなら、このような心配をする必要がありません。

今では多くのメーカーから発売されているので、比較して、服用してみてください。

 

ナットウキナーゼサプリメントおすすめTOP3

血液サラサラ効果のあるナットウキナーゼを安定して摂取するには、サプリメントがおすすめです。
そこで、今回は人気の納豆キナーゼ入りサプリメントを3つご紹介します。

 

 

さくらの森きなりの特徴

きなりは、1日4粒で日本本来の食生活に様な、栄養バランスの取れた体に整えることができます。

評価 評価5
さくらの森きなりの総評

その効果は多くの利用者に認められており、2016年1月現在での累計販売数は46万袋を突破しています。

また、まずある優秀品質品評機関であるモンドセレクションにおいて、2年連続最高金賞を受賞しています。

きなりには、納豆に豊富に含まれているネバネバの成分である「ナットウキナーゼ」が配合されています。

このナットウキナーゼは、納豆のネバネバに含まれているタンパク質分解酵素で、納豆菌が煮大豆を発酵させる過程で生成され、栄養豊富な納豆となるのです。

ナットウキナーゼの主な働きは、結成の成分であるフィブリンという物質に直接的に働きかけて溶かす作用の他、体内にある血栓溶解酵素の活性化を促進させる作用、違う種類の血栓溶解酵素を作りだす成分を増大させる作用などを持っています。

従って、ナットウキナーゼを積極的に摂取することで、血管の中に血栓を作りにくくして血流を促進させる効果が期待できます。

きなりには、このナットウキナーゼともにオメガ3脂肪酸である青魚のDHA・EPA、さらにデリケートなオメガ3を包んで新鮮なまま体内に届けることのできる、南極産オキアミのクリルオイルもバランス良く配合されています。

このクリルオイルにもしっかりとDHA・EPAが含まれており、一般的なDHA・EPAとは異なりより小腸からの吸収率が良いリン脂質結合型です。
このDHA・EPAをたっぷりと500mg配合しています。

魚由来の有効成分が多く含まれていると、魚臭くて飲みにくいと思う方もいることでしょう。
しかし、きなりはオレンジのパワーによってその魚臭さを取り去っているので、大変飲みやすく継続して使用することができます。

メーカーが辿り着いた先は「日本本来の食文化」であり、魚を中心とした栄養バランスの取れた食事でした。
それをこのサプリメントが実現させてくれます。

 
 

さらさらナットウキナーゼの特徴

さらさらナットウキナーゼは、健康効果の高いナットウキナーゼをメインに、その他の有効成分をバランス良く配合して体内の巡りに効果的にアプローチしていくサプリメントです。

評価 評価4.5
さらさらナットウキナーゼの総評

ナットウキナーゼは納豆菌培養エキス粉末として2粒あたり50mgを配合しています。
その他の有効成分としては、活性大豆サポニンB型が10mg、DHA含有精製魚油が80mg(DHA46%・31mg、EPA5%)、ビタミンEが134mg、ビタミンB6が2mg、ビタミンB12が6μg、葉酸が400μgとなっています。

活性大豆サポニンB型とは、大豆の胚軸に多く含まれる成分であるサポニン(A型・B型)の中で、より高い機能性を持っているのが大豆サポニンB型です。

大豆サポニンB型には、体内に溜まった老化原因物質を分解して除去する働きをサポートします。
この効果は実証試験により明確で、10週間継続摂取によってシワの数と体積率が改善したことが実証されています。

この効果から、大豆サポニンB型には高い抗酸化作用があり、アンチエイジングに有効だと言えます。
 
ビタミンEも同様に強い抗酸化作用を持っています。
血管の老化を防いで血流を良くしたり、肌や細胞を活性化させることから「若返りのビタミン」とも呼ばれています。

DHAは、必須脂肪酸に含まれておりα-リノレン酸が豊富に含まれています。
DHAには血液をサラサラにする効果や、脳の活性化作用もあるため認知症予防にも効果的とされています。
人間の脳は水分を除くとその半分は脂質からできており、その脂質の約4%〜5%がDHAから作られています。

脳の中で記憶や学習機能を司る海馬には、他の部位の約2倍ものDHAが存在しており、とても重要な役割を担っているのです。
このサプリは、これらの有効成分が、ナットウキナーゼの働きをサポートしながらバランス良く配合されています。

 
 

ナットウキナーゼ&DHA&EPAセットの特徴

ナットウキナーゼ&DHA&EPAセットは、ナットウキナーゼを2000FU配合しており、加えてDHA・EPA、希少な健康タマネギを配合した栄養補助食品です。

評価 評価4
ナットウキナーゼ&DHA&EPAセットの総評

v日本ナットウキナーゼ協会では、ナットウキナーゼの1日の必要摂取量を2000FUと推奨しています。
このサプリは、1粒に2000FUを配合している高濃度サプリであるため、1日1粒で必要摂取量を補うことができ、とても経済的です。
メーカーでは、独自の技術によって血栓などの老廃物を溶かす力が2倍とすることに成功しました。
これによって、1粒にナットウキナーゼを凝縮することができました。

ナットウキナーゼには高い血液サラサラ効果がありますが、中には納豆の臭いが苦手という方も多くいます。

また、納豆に含まれ血液凝固に関わるビタミンKも摂取したくないと考える方もいます。

そうした声に応え、メーカーでは独自製法によって納豆独特のニオイを除去し、更に特許技術によってビタミンKも排除することに成功しました。
これにより、ナットウキナーゼの効果をより高めることが可能となったのです。


近年、血液をサラサラにする野菜としてタマネギが注目されていますが、その中でも北海道のとある町でしか生産されていない「さらさらレッド」と呼ばれるタマネギにメーカーは注目しました。

さらさらレッドには、サラサラ成分であるケルセチンが、一般的なタマネギの約1.5倍〜3倍も含まれています。

ケルセチンは、野菜などに多く含まれているフラボノイドの一種で、特にタマネギの黄色色素として知られています。
強力な抗酸化作用があるほか、がん細胞の増殖阻害作用や抗炎症作用、血糖値低下作用など、様々な健康効果を持っています。

また、魚由来のDHA・EPAもしっかりと配合されています。
このサプリは、2倍の溶かす力とダブルのサラサラ成分によって、1日1粒でも必要な摂取量を補うことができ、多くの利用者に支持されています。